2016年12月18日日曜日

よいお年を

 二神です。寒くなってきましたね。月1回は更新するつもりでいるこのブログがだいぶ滞ってしまいました。大本の理由は単純で、11月がアルコール健康障害の啓発月間だったため、11月から12月の前半にかけてやたら忙しかったせいです。
 私が関わった分だけでも、時系列で並べてみるとこんなになります。

■11月12日(土)-13日(日) AKKこうち主催「第2回 空と海とボクのココロ」(於イオンモール高知)
   ・11日夜が設営、13日夜は撤収と、重量物(展示パネルとポール)を運ぶ夜間作業もありなかなかヘヴィでした。 
   ・しかし、昨年に引き続き2回目で、要領はだいぶ良くなっていたと思います。
   ・入場者は2日間で150名余り。土曜は20時まで開け、日曜は撤収時間を確保するため17時で閉めたのですが、
    土曜の夜の入場者数の伸びをみると、夕食後にブラリと立ち寄る人が多いことが分かりました。来年もやる
    予定ですので、次回は日曜にどれだけ遅くまで開けていられるかが課題です。
   ・今回は岡豊病院、法テラス、うろこの会のボランティア協力をいただき、医療、法律、その他社会資源とどの方向
    からも相談に乗れる態勢で臨みました。総相談件数は10件に足りませんでしたが、「まあ最初は続けることです
    よ。そうすれば知名度も上がります。来年も呼ばれれば来ますよ」と言ってくださったボランティア相談スタッフの
    方のお言葉がありがたかったです。 
■11月13日(日) AM
   ・高知県断酒連合会主催の飲酒運転防止パレード。前から全断連の音頭取りで行っていましたが、アルコール問
    題啓発週間の関連企画として若干位置づけが変わりました。やることは一緒ですが。私は事務局で、あらかじめ
    帯屋町筋の許諾文書を添付して警察に道路占有許可申請をしておかないといけないため、だいぶ前から動いて
    いました(警察の許可書ができるのに申請から1週間かかりますしね)。
   ・当日は帯屋町アーケードを行進しながらチラシとティッシュを配布しました。上記「ボクのココロ」と時間が重複して
   いたため、断酒会と両方に関わっているメンバーは私も含めて時間のやりくりに四苦八苦でした。
■11月23日(水) PM
   ・祝日にも関わらず、内閣府と県の主催でアルコール関連問題啓発フォーラム(於サンピアセリーズ)。前半が
    中央からの講師による基調講演、後半は関係者(飲酒運転被害者遺族、断酒会員本人、断酒会家族、医療)
    がそれぞれ20分ほど各々の立場から話をしました。私は医療の話を当てられました。断酒会員としての立場は
    話そうか黙っていようかと悩んでいましたが、何のことはない、自然にバレバレになってしまいました(^^;)。
■11月27日(日) 今治市民セミナー
   ・今回は高知県断酒新生会のHさんがパネリストとして壇上に上がるため、ぜひ参加する予定でしたが、何か
    熱っぽくて体が動かずドタキャンしてしまいました。一日家で寝ていました。Hさんすみません。
■12月2日(金) AKKこうち12月定例理事会
■12月3日(土) 第3回アディクションフォーラム(於男女共同参画センター ソーレ)
   ・主催は県(精神保健福祉センター)。断酒会としてもAKKこうちとしても参加。県が150部準備した配布資料が
    足りなくなったと聞きました。同じ日に県下の保険師さんの大会があったため、保険師さんはほぼおられなか
    ったであろうことが残念ですが、そちらも似たような参加者数だったそうです。ということは、うまく日程調整す
    れば300人の参加は期待できますね(皮算用)。こちらもまだ続くはずですので、次回の実行委員会の宿題で
    す。県立図書館の出前ブースもとてもよかったです。
■12月4日(日) 第53回全日本断酒連盟全国(香川)大会
   ・私は単に一参加者でしたが、同じ四国ブロック会員として、2000名を超える参加者があったことは喜ばしい限り
    です。フェイスブックにも書きましたけれど、アルコール問題議員連盟の中谷元会長をはじめ議員さん方がメッ
    セージ代読でなくご自身出席くださり、依存症ってトレンディ?と盛り上がりました。後の話になりますが、中谷氏
    はカジノ法案採決で「依存症対策が不十分」と退席され、筋を通されました。 
■12月13日(日) 高知県断酒連合会 酒なし望年会 (昼食時)
   ・諸々の事情で参加者は昨年より10名ほど少なかったですが、めったにお会いできない他会の方のお顔も見え、
    楽しいひと時でした。ただ私は当直明けで参加し、翌日も当直だったため、午前中でお暇しました。この年齢で
    飛び石当直は相当体にきます。昨日あたりやっと体力が戻った感じです。もう二度とやらんぞあんな無茶なこと。
■12月15日(木) 夜、「ボクのココロ」費用の中間仮締め作業。
   ・来年3月にはまたAKKこうち活動報告会を開きます。高知城ホールか高知会館の予定。またご案内します。

とまあ、休日たんびによくもまあというイベント目白押しで、このHPのことはずっと気になりながらも手がつかなかった
のでした。来年度からは11月はよくよく日程調整しないと、同じことの繰り返しになりかねません。

 それでは、皆さまよいお年をお迎えください。AKKこうちは来年も今年に増して活動してゆく予定です。応援をよろしく
お願い申し上げます。

   AKKこうち代表 二神啓通

2016年10月15日土曜日

11月12,13日 第2回「空と海とボクのココロ」開催 ご相談はご予約をぜひ!



二神です。そろそろ朝夕は肌寒くなってきました。普通なら「ビールの季節が過ぎて、熱燗が恋しくなってきました」などと書くところです。ここはそうは書けませんが、お酒がなくても鍋ものはおいしいですね。
さて、11月まであと半月。断酒界(誤字にあらず)の11月はアルコール問題啓発の月です。今までもずっと「断酒の日」を中心に主に飲酒運転追放キャンペーンを行ってきましたが、基本法が啓発週間を規定してくれて、一層そういう雰囲気になりました。高知県断酒連合会は1113日(日)に例年どおり帯屋町アーケードで横断幕と幟を持って飲酒運転追放パレードを行います。個人的にはリカバリー・パレードもやりたいんですが、あれはそこそこ人数いないとインパクト薄いんですよね。高知ではちょっと無理かな。四国ブロック主催でどこかの県都に集中してやるなら可能かもしれません。
AKKこうちは、111213の土日に、イオンで昨年に引き続き「第2回 空と海とボクのココロ」と題して啓発&相談会を行います。ご案内はすでに関係各所にお送りしました。今年は2日間と短いですが、法テラスさん、うろこの会さんのご協力も得て、単にアルコール直接の相談だけでなく、離婚、借金等アルコールから派生する(家族にとってはアルコール問題自体よりも深刻かもしれない)問題にも対応できるようにしました。もちろん、アルコール自体の問題には本職の精神科医療スタッフが対応します。皆さんボランティアでご協力くださいます。頭が下がります。ただ、皆さんお忙しいので、全時間常駐というわけにもいかないため、相談ご希望の方はできれば時間予約をお願いします(メール:kochi.akk.jp@gmail.com 電話:050-5273-6314。見た目は風船配って絵が飾ってあるお気楽な会場ですので、人目は気にせず入れると思います。ここを読んでくださっている方は少ないでしょうが、困っていそうなお知り合いに「こんな催しがあるらしいよ」とご紹介いただけるとうれしいです。
あと、1123日(水:勤労感謝の日)にはサンピアセリーズで行政主催の啓発フォーラムが開催されます。断酒会の体験発表もあります。こちらもご来場をお待ちしております。

2016年9月4日日曜日

法人名入り封筒ができました

二神です。この11月でNPO法人になってから丸3年になります。ちょうどその頃に、昨年と同じくイオンホールで土日イベントを計画しています。記念行事というわけではありませんが、ちょっとうれしいです。詳しくは改めてご案内いたします。
うれしいと言えば、3年目にして初めて!法人名入りの封筒を作りました。これまではイベント案内状などの発送時は無地の封筒にゴム印を押していたので、何十枚も推すと手が痛くなっていました。あの作業がなくなると思うと、3周年よりうれしいかもしれません。幸福の閾値が低いと幸せですね(笑)。まあ、その程度には足元が固まってきたということです。届いた封筒をしげしげと眺めてみると、由緒正しい団体に見えます(^^;)。そうあり続けるべく努力したいと思います。

2016年8月12日金曜日

残暑お見舞い申し上げます

二神です。よさこいも始まり、やっと夏がピークという雰囲気の高知です。なのに残暑見舞いかよと自分でも思いますが、7日が立秋だったんだから仕方ありません。
 明治の改暦で西暦(グレゴリオ暦)1873年1月1日にあたる明治5年12月3日が明治6年1月1日にされました。この時の大混乱はNHK「タイムスクープハンター」でも描かれていましたね。ここで約1ヶ月がポンと抜けてしまいました。そのくせ旧暦で使われていた節季やら何やらは機械的に新暦に移されたから、今の暦は日本の気候に対して約1ヶ月先行しています。まだ暑くなりかけの6月に夏至が来て、暑い盛りの8月に立秋が来ます。「秋来ぬと風はさやかに」とか言われても、立秋に秋なんか来とらんがね。だから古文は眠いんだ。そうでなくても眠いか(高校で古文担当だったK先生ごめんなさい)。単語ベースだと3割くらい外国語ですからねえ。意味不明でも発音できるだけましか。漢字を全廃にしてハングルのみにしてしまった韓国は古典文学をどう扱っているのでしょう。「吾輩は猫である。名前はまだ無い」を「??は?である。??はまだ?い」としか読めないんでしょう?。漱石はまだしも、鴎外や日夏耿之介はどうすんだよ(例が極端すぎるかな)。暦がずれているから、12月14日に「今日は赤穂浪士の討ち入りの日です」と言われてもピンときません。旧暦には閏の日やら月やら年まであるので、電話帳の何倍もある元号年月日-西暦年月日対照表があるんですよ。日付だけずらずらずらずら並んだ本。専門家以外はまずそこまで深く調べる用事はないと思いますけども。 似たような話に不定時法がありますが、くどくなるので控えます。

 前置きが長くなりましたが、先月下旬に出たタウン情報誌「ほっとこうち」の別冊付録「読む薬箱」Vol.9に打った見開きカラーのアルコール依存症啓発広告はなかなか良い仕上がりです(自画自賛)。今月下旬まで書店に並んでいますので、ぜひお手に取ってご覧ください。
 それと、AKKこうちとは無関係ですが、二神は8月5日に県の特定保健指導者育成講座で飲酒指導について約90分お話させていただきました。いつも断酒断酒と言っているのが今回節酒メインで、普段使わない頭を使わねばならず、スライド作成にだいぶ手をかけましたが、おかげさまでそこそこ好評をいただいたそうです。今月21日(日)は夏恒例のサマースクール(高知アルコール研究所主催)です。藍里病院・吉田精次先生のご講演の時だけ司会を仰せつかっていますが、これはまあ何とかなるでしょう。フロアとの質疑の仕切りまで任されたら(そこは当日確認)、例年の問題(分かる人には分かる)が懸念されますけども、もう出たとこ勝負です。。
 AKKこうちは、11月前半に、昨年に引き続きイオン高知で相談会開催を計画しています。高知県断酒連合会恒例の飲酒運転撲滅パレードとほぼ同時期です。詳細が決まりましたら改めてご案内申し上げます。ご来場をお待ちしております。